読む台湾茶

高山茶を味わう①おいしさの秘密

2019/8/24 更新

台湾茶が好きな人で、高山茶が嫌いという人はいません。台湾茶=高山茶と思ってる人もいるほど、高山茶は台湾茶ファンの間で親しまれています。

ところが、残念なことに、高山茶を産地名と値段だけで選んでいる人が多くいます。せっかく高価なお茶なのですから、高山茶を正しく理解して飲んでほしいと思います。今回は高山茶を魅力を余すところなくご紹介します。

高山茶とはどんなお茶か

高山茶とは、その名が示すとおり「高い山でできたお茶」という意味です。一定の標高があるものはすべて高山茶と呼ばれます。特定の産地を示すものではなく、梨山も阿里山も区別しません。

産地が違ってもひとくくりに「高山茶」と分類されるのはなぜでしょう。それは、高山茶には産地によらない共通点があるからです。ここからは、高山茶の味わいについて知っておきたいポイントを2つご紹介します。

高山茶の魅力1:高山気

しっかりお茶に意識を傾けてください。ズズッと音を立ててすすると、鼻から頭にかけて清涼感が走り抜けていきます。これが高山気です。

ミントのように繊細な味わいは、口中でぱっと拡散して、消えてなくなります。飲みほした後には数秒間の余韻が続きます。その余韻が心地よく、やみつきになって「もう1杯!」と後を引きます。

太極拳や東洋医学に関心のある方は、丹点を意識した呼吸法をご存知でしょう。呼吸に合わせて上下する「気」が、高山気のイメージに近いです。

よい高山茶には高山気が存在します。寒暖差の大きい環境であればあるほど高山気も強まることから、高山気の強さをみることで標高が推測できます。

標高が高くなるほど製茶量は少なくなります。製茶量によってその産地のあるべき価格が決まってくるので、お茶屋さんにとっても高山気の強さを把握することは大変重要になります。

高山気の識別は、練習すれば誰でもマスターできます。素性のはっきりした高山茶と平地茶を並べて、同じ方法で淹れて飲みくらべてください。

高山茶の魅力2:回甘

高山茶のもう1つの特徴は、回甘(フイガン)です。「戻りの甘さ」と表現する人もいます。

口に含むと、まずは茶葉の味わいがまっすぐに届きます。高山気はこのタイミングで最も強く感じられます。しばらくすると、旨味の中からわずかに「ここちよい酸味」が生まれてきます。そして次の瞬間、お茶の味わいは強い甘さへと転化します。

一番最後にくる自然由来の甘さを「回甘」と呼びます。

ポイントは美味しさが段階的に変化していくことです。たった一口の味わいが飛躍的に大きなスケールで感じられます。回甘に集中して味わううちに、小さな一口が茶碗1杯に錯覚したという人もいるほどです。そして「もう1杯!」となるのです。

回甘は旨味が強い茶葉にみられる現象です。つまり、標高が高いほうが回甘も強いという法則が成り立ちます。

以上、高山茶の分かりやすい特徴を2つご紹介しました。高山気と回甘のバランスによってお茶の味わいは違ってきます。標高が高いほど良いというものでもありません。色々飲みくらべて、自分好みの高山茶を見つけてください。

「高山茶の定義は1000m以上」に対する私の見解

台湾茶ファンの間で、議論が尽きない話題があります。標高何m以上を高山茶と定義するかという問題です。

たいていの本には「1000m以上のお茶を高山茶と呼ぶ」と書かれています。1000mというのはどこから来た数字でしょうか。誰がはじめに言い出したのでしょうか。私もよく分かりません。

私の実感から言うと、高山茶の分岐点は、北部では文山包種茶が作られる坪林茶区あたりになります。標高でいうと600m~800mです。より熱帯に近い中南部では、分岐点はさらに数百メートル高くなる印象です。

北と南では気候が違うわけですから、標高で線引きをするのはどう考えても無理があります。もっと厳密に言うなら、同じ茶園であっても、その日その時の気候によって高山茶であったりなかったりします。

まとめると、私の見解はこうなります。「高山茶の特徴を持つものが高山茶です。」それ以上気のきいた答えは思いつきません。

品質鑑定に関わる人達は、そもそも定義付けには興味がありません。台湾茶は例外だらけであることをよく知っているからです。多くの人が「高山茶は1000m以上」と主張するのであれば、私は特段意義はありません。

次ページ 高山茶の選び方と飲みくらべをご紹介

人気コラム・読む台湾茶