台湾茶が初めての方へ

至福の台湾茶

さあ、美味しい台湾茶をいただきましょう。その前に・・・

気になる台湾茶、見つかりましたか?

分からない方は、お試しパック・初回限定凍頂烏龍茶・清香[軽火]東方美人SPなどからお好みを探っていきましょう。当店は1点から送料無料で安全にお届けします。

お茶選びにはお好み診断、シチュエーション別チャート、各ページの「のみくらべリンク」も参考になります。ご注文の方には『台湾茶の美味しい淹れ方・ヒント集』をお付けします。

茶器は、日本茶急須でもマグカップでも大丈夫。しっかり温めてティースプーン1杯、誰でも美味しく淹れられます。まずは台湾茶に触れてみてください。

当店は台湾茶専門店ですので、"売りっぱなし"はしません。ご相談はお気軽にどうぞ。台湾茶のプロが、初心者から上級者まで徹底サポートをお約束します。

さて、中国茶・台湾茶のお店選び。

4つのポイントを押さえましょう。

チェックポイント1 : 茶葉鑑定を学んだ店主か

烏龍茶は自然飲料で最も鑑定が難しい学問です。もちろんコツや豆知識の寄せ集めでは不可能で、何年もの訓練を積んで身につけるものです。また、中国茶道とも異なり、農学・製茶学・焙煎学などの複合的な理解が求められます。

茶葉の良し悪しは見た目では判別できません。同じ名前でも品質は雲泥の差です。

ですから、数は少ないですが、必ず現地で鑑定学を学んだ店主のお店で買いましょう。名人と呼ばれる茶師でさえ、本当に良いお茶が出来るのは10回のうち1~2回と言われています。良いお茶は、それを選び抜く鑑定眼を持った茶商だけが手にできるのです。正しい目利きができる人は、もちろん淹れ方やお茶選びにも的確なアドバイスができます。

チェックポイント2 : 正しい時期に仕入れているか

例えば、東方美人は5月下旬~6月中旬、冬茶は10月中旬~12月中旬にしか良品は流通しません。そのタイミングで新茶を確保してないお店は避けましょう。

茶荘・茶農とのコネクションを強調して高品質を謳うお店もあります。しかし、世界中から引く手あまたの台湾茶、コネで良いお茶が手に入るほど甘くないのはプロなら常識中の常識。これまで当店の常連さんからたくさんの台湾茶を送っていただきましたが、「老舗から仕入れてる」「名人が作った」という宣伝をしてる店ほど目利きができない傾向にあります。売れ残りを掴んでるのです。

チェックポイント3 : 商品説明は自分の言葉か

「さっぱりした味」「ミルクの香り」にとどまらず、自分で得た情報を自分の言葉で解説しているお店を選びましょう。「このお茶はこの味!」のような断定表現や「高級」や「厳選」の連呼は何も理解してない証拠です。同じ名前のお茶でも必ずロットごとに異なる特徴がありますので、それを解説しているかどうかが重要です。

本の無断転載や、当店の商品説明を丸々盗用してるサイトもあります。堂々と「ウソの解説」をしてる店も少なくないです。上級者ならともかく、初めての方が矛盾を見抜くのは難しいと思います。

チェックポイント4 : 価値のあるメールマガジンか

メールマガジンは良い判断材料です。他店の流用、誤った情報提供、宣伝に終始するものなど、メルマガ1本でお店の良し悪しはほとんど分かります。

もちろん、自ら経験・吸収した情報を伝えるメールマガジンも多くあります。台湾茶をよく知ることは美味しくいただくための第一歩。ぜひ無料購読して比較しましょう。

参考例:中国茶関連情報(AllAbout[中国茶])、当店のメルマガ

最近は、個人HPやブログで感想を公開したり、お茶会を開いて熱心に台湾茶を研究してる方もいらっしゃいます。私も日々いろいろ拝見していますが、活発な意見交換はとても勉強になります。

しかしながら、日本で得られる台湾茶の情報はまだわずか。プロとして台湾茶に携わるなら、現地で茶葉鑑定を学び、専門書がすらすら読め、茶農・製茶師・焙煎師と対等に議論できる知識と語学力を有することは最低条件です。

近年、過度なブランド志向につれて、粗悪品が多く出回っています。阿里山高山茶も過半数が偽物と言われています。外観では分からないのをいいことに、合成香料・合成着色料をふりまいたお茶もいっぱいです。

原産地まで行って、とんでもない偽物を掴まされる素人同業者もよく目にします。最も恐ろしいのは、売り手も買い手もそれを気付かずに流通しているという事実です。

消費者も正確な知識を持たなくては、安全かつ美味しい台湾茶にはありつけないと私は感じます。

それほどお店選びが重要なのです。

まずはお試しパックで本物を識ることから始めませんか。送料無料でお届けします。

皆様がおいしい台湾茶に出会えますように。