読む台湾茶

機械摘みの実力①機械摘みと手摘み

2019/11/21 更新

まずい? 初心者? がぶ飲み用?

機械摘みに対してマイナスイメージを持つ人がいます。でもよく考えてみてください。わざわざ安物を作ろうとする茶農家さんがいると思いますか。

今回は機械摘みと手摘みの違いを整理します。また機械摘みだけが持っている、手摘みにはない魅力をたくさんご紹介します。シチュエーションに応じて両者を使い分け、台湾茶の楽しみを広げていきましょう。

機械摘みとは?手摘みとは?

台湾茶の摘み方には2種類あります。ひとつは手摘み、もう一つは機械摘みです。

茶摘みの光景をイメージしてください、と言われてぱっと頭の中に浮かぶのはおそらく手摘みです。笠をかぶった女性が歌を唄いながらお茶を摘む、あの光景です。一方、機械摘みには色々な方法があるのですが、最も一般的なのは2人で茶樹の畝をはさんで、カーブした刃がついたバリカンで茶葉を刈り取る方法です。

機械摘みと手摘みを比べると、手摘みのほうが全てにおいて優位だと思われがちです。ところが実際はそうでもありません。機械摘みのメリット・デメリットを、茶農家の視点と消費者の視点の両方から見ていきます。

鑑定の立場から、機械摘みを最も前向きに評価したい点は「ベストタイミングで収穫」できることです。手摘みは、収穫したいその瞬間に人手が確保ができないという状況によくでくわします。やわらかい茶葉は生育が早く、理想のタイミングから一日遅れるだけでも茶葉が固くなって価値が半減します。

同じ一日の中で見ても、品質がブレないよう短時間で茶葉を収穫することが理想的です。手摘みは朝摘んだ茶葉も夕方近くに摘んだ茶葉も混ぜられて製茶されます。そのため、手摘みはひとまとまりの茶葉の中でも品質差ができやすいという弱点があります。この点において、手早く収穫できる機械摘みのメリットは極めて大きいといえます。

機械摘みは、農家にとっても消費者にとってもメリットがあることが分かりました。両者の思惑が一致したところが機械摘みの存在価値です。マイナスの部分に少し目をつむるだけで、農家にとっては安定収入につながり、消費者にとっては安くて美味しい台湾茶が楽しめるのです。

次ページ 機械摘みの特徴をいかした楽しみ方をご紹介

人気コラム・読む台湾茶