なしやまこうれいちゃ・だいうりんちゃく

梨山高冷茶・大禹嶺茶区

梨山茶区は最も標高が高い台湾茶の産地です。高山茶の中でも、特に標高2000mを超すお茶は高冷茶と呼ばれて区別されます。

冷涼な気候で生まれる高冷茶は、一般の高山茶よりも清涼感に奥行きがあります。甜密な茶湯は見た目からは想像できないほど柔らかく、雫のようにとろっとしています。口いっぱいに広がる高山気に身を任せて、包みこまれる感覚をお愉しみください。

2019年・春茶レポート

今季も碧緑渓茶区からセレクトしました。春茶のみなぎる旨みと高山気、奥行きのある回甘。シルキーな花香と相まって、充実したオーラを放ちます。さすが高山茶の最高峰です。

2018年・冬茶レポート

梨山高冷茶・碧緑渓茶区 #2澄香。新芽を多く含んだ茶青を集め、発酵はやさしく仕上げました。一粒一粒に高冷茶のエッセンスが凝縮しています。冬の文山包種茶のような澄んだ高山気がお好きな方におすすめです。

お気に入りに登録

天空の茶園から、最高のクオリティを与える
製茶職人の傑作ロットを入手しました

梨山高冷茶の摘茶はの2季だけ、量もごくわずか。澄んだ空気ときれいな水、排水のよい酸性土壌、大きな日較差は茶葉が膨張・収縮で旨みを貯め込むのに適した条件が整っています。それゆえ台湾最高峰の高山烏龍茶が作られる地域として注目されてきました。

毎日午後になるとが降ります。日差しが適度に抑制され、繊維が細かく柔らかな茶葉が育ちます。玉露と同じ環境が自然に起きるのです。

しかしこんな日に製茶しようものなら、発酵の重要行程である日光萎凋(茶葉を太陽光に当てる作業)が十分に行えず、青くささが残ってしまいます。かといって摘茶が遅れると、茶葉は徒長し硬くなってしまいます。

天候がめまぐるしく変化する梨山で、短時間の天候予測するのは困難。そういう意味で、茶師の力量が問われるお茶なのです。

しかし、“梨山だから”美味しいのではありません

台湾茶・中国茶は、絶対に有名農場・有名茶師といったブランドで選んではいけません。必要なのは天・人・地の3条件が全て整った時にのみ最高のお茶が作られる事実を正しく認識することと、土壌学・製茶学などの知識を複合的に理解することです。

正しい高山烏龍茶の茶殻は、肉厚でありながら葉脈の繊維質が驚くほどきめ細かくしなやかです。存分に貯め込んだ滋味成分を完全放出できた証です。

茶園によっては50度近い斜面を作業用トロッコで登ります。畝(うね)はなく、茶樹はまばらに点在します。養分競合がないため、排水性にすぐれた土の栄養ときれいな空気をたっぷり吸って生長できます。こうして高山気も青心烏龍のエッセンス花香も際立つお茶が生まれるのです。

梨山高山茶は良品の確保が年々困難になってきています。そのため2013年からは「大禹嶺」に限定せず、周辺の小地域一帯で最も優れたお茶をシーズン毎に選定します。

大切なおもてなしや自分へのご褒美に、茶葉専門店渾身の1ロットを心ゆくまでご堪能ください。


ご注意ください!

梨山茶区は製茶量が極めて少ない高山茶です。本物をはるかに上回る偽物が流通していますので、必ず専門店でお求めください。本物は茶殻が肉厚かつ柔らかく、強い高山気(山頭気)と包み込まれるような独特の旨味を備えています。その違いは歴然です。

お茶のデータ
商品名称 梨山高冷茶・大禹嶺茶区
なしやまこうれいちゃ・だいうりんちゃく
生産地 南投縣仁愛郷 碧緑渓茶区
南投縣仁愛郷 北翠巒茶区
茶樹の品種 青心烏龍
摘茶時期 2019年春茶:5月中旬
2018年冬茶:10月上旬
2018年春茶:5月中旬
2017年春茶:5月中旬
茶園の海抜 碧緑渓茶区:2400m
北翠巒茶区:2200m
発酵度 軽発酵(15%)
烘焙程度 軽焙火
推奨茶器 陶土製の茶壺・急須、蓋碗、マグカップ、グラス
茶葉の分量 茶壺・急須・蓋碗 → 4分の1弱
マグカップ、グラス → スプーン0.5杯
お湯の温度 95~100℃
時間の目安
(95℃)
茶壺、急須 → 50秒
蓋碗、マグカップ、グラス → 蓋をして60秒
(2煎目 -5秒、以降 +10秒ずつ)
梨山高冷茶・大禹嶺茶区の2つの楽しみ方

95℃の熱湯で淹れる → 全ての茶器を充分温めてから、少し高い位置からお湯をゆっくり回しかけ、蓋をして蒸らします。茶杯に入っているお湯もかけてあげると、茶器の温度が下がらず、茶葉の開きがよくなります。

マグカップで淹れる → 先に熱湯でカップを1分以上温めておきましょう。淹れるときは皿などで蓋をすると、茶葉がよく蒸れて香りがアップします。

ワンポイントアドバイス

阿里山より1000m高い茶園のため、味・香りともに上品な丸みを帯び、飲み口もしっとりしています。青心烏龍の標高による違いを楽しんでみてはいかがでしょう。