たいわんじゃすみん

台湾ジャスミン茶

ジャスミン茶なんてどれも一緒と思ってませんか?違います。店主が衝撃の美味しさを約束します。

春は文山包種茶の選定にこだわり、夏はジャスミンの花にこだわり。一つ一つの工程に時間と手間を惜しまないことで、専門店にしか作れない逸品が完成しました。香りだけでない、お茶として美味しいジャスミン茶です。

文山包種茶ベースのジャスミン茶は日本人の味覚にぴったり。毎日の食事はもちろん、アイスティーとしても常備したいお茶です。

店主のコメント

充実した茶葉の旨みとゆがみのないジャスミン香。絶妙なまでに融合し、お互いの魅力を引き立て合います。きりっとした香りがお好きな方は新茶、ほっこりした味わいがお好きな方は2019-20Lotがおすすめです。

年に1度だから
台湾茶専門店が思いっきり贅沢に作りました!

ジャスミン茶のベースは緑茶が一般的ですが、当店は坪林産包種茶を使っています。淹れた時に引き出されるのは、包種茶のまろやかなで上品な美味しさ清らかなジャスミンの香りです。

かつてはシーズンオフの緑茶がジャスミン茶用にあてられていました。しかし中国産のジャスミン茶が台湾市場に流入すると、台湾産は価格面で対抗できなくなりました。

そこで考えたのが、台湾特産文山包種茶を用いる方法です。茶葉そのものに清々しい花の香りを備えた文山包種茶は、くせが無く、熱湯で淹れても苦味が突出しません。台湾ジャスミン茶は大陸出身者から再び人気に火がつき、ほどなく台湾全土で愛されるようになりました

大きく膨らんだジャスミンのつぼみを日中に摘み集めます。夜になると自然に開花し、香気を放ち始めます。ジャスミンの香気が最高潮に達したら、花の層と茶葉の層をミルフィーユ状に積み重ねていきます。花の香りを上下の茶葉に吸着させ、花を取り除き、茶葉を乾燥させます。この一連の工程を薫香と呼びます。

薫香は1回では終わりません。茶葉に負担をかけないよう数日間休ませてから、同じ工程を6回ほどくり返します。人工香料を使えば一瞬で完了する作業が、良質な花を使うと1ヶ月もかかります。本物は、包種茶の天然の花香とジャスミンの花の相乗効果によってこの上ないハーモニーを醸し出します。

当店のジャスミン茶の2つの秘密

1つ目はベースの茶葉に隠されています。実は、新芽を多く含んだ緑茶を少し加えています。これにより、まろやかな中にもスッキリ感を立たせることができました。

もう1つの秘密は最後の工程にあります。真夏にジャスミンの香りを移した後、いったん真空状態で寝かせます。そして秋口、少量のキンモクセイで再び薫香を行います。キンモクセイの香りは茶葉には残りませんが、これが意外と大役を果たしてくれます。もくもく広がるジャスミンの香気がきゅっと引き締めてくれるのです。

茶器の蓋を開けた瞬間、ふわっと届くジャスミンの香りにホッと癒やされます。口や胃の油分をさっぱり流してくれるので、ファストフード中華料理ステーキとの相性も抜群です。台湾では蒸し魚料理にもジャスミン茶が使われます。お好みで氷砂糖や蜂蜜を加えても美味しくいただけます

目覚めの1杯のジャスミン茶は、身体がシャキッとして一日すがすがしい気分で過ごせます。おやすみ前にはジャスミンの香りを楽しみながらゆっくりとお召し上がりください。体の緊張がほぐれて心地よい眠りへと導いてくれます。

当店のジャスミン茶を飲んだらもう戻れなくなります。店主がこだわり抜いた台湾ジャスミン茶で、心も身体も癒されてください。

お茶のデータ
商品名称 台湾ジャスミン茶
たいわんじゃすみん
生産地 包種茶:台北縣坪林郷
茉莉花:彰化縣花壇郷
茶樹の品種 青心烏龍
摘茶時期 茶葉:4月上旬 薫花:5~8月
茶園の海抜 800m~900m
発酵度 軽発酵(15%)
烘焙程度
推奨茶器 磁器製の茶壺・急須、蓋碗、マグカップ、グラス
茶葉の分量 茶壺・急須・蓋碗 → 6分の1
マグカップ、グラス → スプーン0.5杯
お湯の温度 80~100℃前後
時間の目安
(95℃)
茶壺、急須 → 15秒
蓋碗、マグカップ、グラス → 蓋をして20秒
(2煎目 -5秒、以降 +10秒ずつ)
台湾ジャスミン茶(茉莉花茶)の3つの楽しみ方

熱湯でサッと淹れる → 香りが最も引き立ちます。15~20秒間、蓋をしてきっちり蒸らします。茶海(ピッチャー)に一気に移すと、包種茶とジャスミンの香りが勢いよく昇ります。よい茶葉は苦くなりません。

少し冷ました湯で淹れる → 香気が丸みを帯びてとろりとした舌触りになります。包種茶特有の優雅な旨みもやさしく抽出されます。香りを逃がさないようにしっかり蓋をしてください。

グラスを使う → きれいに透き通ったグラスもおすすめ。かわいらしいジャスミンの花を眺めるだけで気分が和みます。

ワンポイントアドバイス

紅茶用ティーポットでも気軽に楽しめます。夏場は水出しアイスティーもおすすめ。

よくある質問
ジャスミン茶は熱湯で淹れるなと言われました
品質がわるいジャスミン茶は、熱湯で淹れると渋味・えぐ味が強く現れます。当店のジャスミン茶をお試しください。お茶の滋味とジャスミンの香気の融合が愉しめます。
台湾のジャスミン茶は安全で、中国産は危険だと聞きました
中国にも良いジャスミン茶はありますし、台湾にも粗悪品や着香したジャスミン茶はあります。目利きのできるショップで購入してください。

お茶に関するQ&Aはこちら