みんちえんびーるーちゅん

明前碧螺春

台湾から春の便りが届きました。一番手は明前碧螺春です。今年も無事、年に1度のチャンスを掴むことができました。

鮮緑色の外観に目をやると、初々しい新芽が輝きを放ちます。透明感に満ちた茶湯はキリッとした味わいです。日本茶のような苦味はありません。釜炒りのふわっとした香気とおとなしめの若草の余韻がやみつきになります。

台湾茶の1年の動向を占う意味でも、毎年味わっておきたい台湾茶です。

2019年春の新茶レポート

しっかりめの濃緑色と細いよじれが印象的です。小ぶりな新芽から草原の香りが届きます。昨年の入荷ロットに似て、純度はたいへん高いです。適度にまろみがあって口じゅうが気持ちよく潤います。

お気に入りに登録

ふんわりやわらかな釜炒り台湾緑茶
年に一度のおたのしみです

台湾の一年は明前碧螺春から始まります。

は「サファイア」、は「巻貝」を指します。清明節のことで、墓参りをして祖先を供養する日です。つまり、明前とは清明節よりも前という意味です。

台北縣三峡鎮は、台湾屈指の緑茶の産地。お茶の命である香りを醸成させやすい土地です。雨が多く、夏は暑すぎず冬は適度に気温が下がる気候条件と、小高い山に囲まれて霧が生じやすい地形条件が揃っています。

当店の明前碧螺春は無農薬栽培です。冬が明けたばかりの三峡茶区は気温が低く、整備の行き届いた茶園では病害虫の心配がないからです。

新芽を一芯二葉で摘み、軽めに揉捻して仕上げました。少しだけ冷ましたお湯で淹れると、丸みを帯びた味わい引き出すことができます。やや高温で淹れると凛としたキレ味が立ちます。冷やしても苦くないのでアイスティーにも。

実は、春の三峡は、清明節の前であっても7~10日ごとに明前碧螺春を摘茶・製茶することができます。つまり明前碧螺春といっても数多くのロットが存在します。

遅くなるにつれて茶葉が硬くなります。量を求める飲料メーカーや大手コーヒーチェーンのバイヤーは、毎年品質のピークを過ぎてから買い付けにやってきます。

当店は味・香りが最も優れた一番茶(初回製茶分)のみ扱います。一番茶の出回りと同時に品質鑑定を行い、最高の1ロットを確保します。そのため再入荷できません。完売次第、今年分の販売は終了です。

良質な明前碧螺春は、茶葉がふっくら色鮮やか、茶殻には光沢を帯びています。茶湯にたくさん浮かぶ産毛のようなものは、最も若く柔らかい先端の芽です。東方美人にもたくさん見られます。

店主が厳選した明前碧螺春で、台湾の春を感じてください。

お茶のデータ
商品名称 明前碧螺春
みんちえんびーるーちゅん
生産地 台北縣三峡鎮
茶樹の品種 黄柑
摘茶時期 2019年明前茶:3月中旬
茶園の海抜 200m~300m
発酵度 不発酵(緑茶)
烘焙程度
推奨茶器 磁器製の茶壺・急須、蓋碗、マグカップ、グラス
茶葉の分量 茶壺・急須・蓋碗 → 4分の1
マグカップ、グラス → スプーン1杯
お湯の温度 70~85℃前後
時間の目安
(75℃)
茶壺、急須 → 80秒
蓋碗、マグカップ、グラス → 蓋をして80秒
(2煎目 -15秒、以降 +20秒ずつ)
明前碧螺春の2つの楽しみ方

茶壺・急須で淹れる → 緑茶はやや低めの温度で淹れますので、必ずしも茶器を温めておく必要はありません。高めの水温で淹れる場合は、高い位置から注いだり蓋碗のふちを滑らすようにして茶葉に直接熱湯をかけないよう工夫しましょう。

蓋碗で淹れる → 茶葉を入れ、高めの位置からふちを滑らすようにお湯を注ぎます。皿などで蓋をすると、茶葉がよく蒸れて香りがアップします。半分くらい飲んだらお湯をつぎ足します。味わいの変化をお愉しみください。

ワンポイントアドバイス

素焼の茶器は台湾緑茶の旨みが吸収されて素っ気ない味になってしまいます。磁器がおすすめです。

よくある質問
明前碧螺春はなぜ明前茶にこだわるのですか?
清明節(4月5日ごろ)より前は気温が低く、新芽がゆっくり生長します。そのため滋味豊富なお茶となります。害虫も少なく、管理が行き届いた茶園では農薬も必要としません。

お茶に関するQ&Aはこちら